小泉環境相「福島の教訓忘れず取り組む」

小泉環境相「福島の教訓忘れず取り組む」
原子力防災を担当する小泉環境大臣は、内閣府の原子力防災担当の職員を集めてあいさつし、「東日本大震災や福島第一原発の事故では底が抜けるような恐怖を感じ、次々に連鎖する原発の状況から本当に国が滅ぶということを現実味を持って感じた」と振り返りました。
そのうえで、「緊張感を緩めず、職責の重さを常に忘れずに、福島の教訓を絶対に忘れることなく、この仕事に取り組む。皆さんの仕事は最重要の仕事で、原子力防災担当大臣は最重要閣僚と言っても、私は過言ではないと思っている」と述べました。