パトカーにはねられ重体の男児死亡 東京 千代田区

パトカーにはねられ重体の男児死亡 東京 千代田区
先月、東京 千代田区で横断歩道を歩いていた4歳の男の子が、緊急走行のパトカーにはねられた事故で、意識不明の重体になっていた男の子が13日死亡しました。
先月18日、東京 千代田区麹町で、4歳の男の子が青信号で横断歩道を歩いていたところ、緊急走行をしていたパトカーにはねられました。

この事故で、男の子は意識不明の重体になり、およそ1か月にわたって病院で手当てを受けていましたが、警視庁によりますと、13日昼前に死亡しました。

入院中に5歳の誕生日を迎えていたということです。

警視庁は、過失運転致死の疑いで詳しい状況を調べています。

警視庁地域部の金井貴義部長は「亡くなられた方のご冥福を心よりお祈り申し上げます。二度とこのような事故が発生しないよう、職員に対する指導・教養を徹底してまいります」とするコメントを出しました。

警視庁は通常、交通事故で亡くなった人の氏名を発表していますが、今回の男の子については公表していません。

理由について「事故の発生から24時間以内に亡くなったケースを交通事故の死者として発表しているため、今回は公表を控えた」と説明しています。