停電中の特養で82歳女性が死亡 熱中症の疑い 千葉 君津

停電中の特養で82歳女性が死亡 熱中症の疑い 千葉 君津
台風の影響で停電していた千葉県君津市の特別養護老人ホームで、入所者の82歳の女性が病院に搬送され、12日、熱中症の疑いで死亡しました。
千葉県によりますと、11日の朝、君津市杉谷の特別養護老人ホームに入所していた82歳の女性が発熱などの症状を訴え病院に救急搬送されました。

脱水などの診断を受けて入院していましたが、12日、熱中症の疑いで死亡したということです。

この特別養護老人ホームは、台風の影響で停電していてエアコンが使えず、およそ80人の入所者のうち死亡した女性のほかにも10人程度が熱中症とみられる症状を訴えていたということです。

また千葉県のまとめによりますと、このほかの県内の福祉施設の入所者のうち、これまでに停電の影響で熱中症の疑いで救急搬送された人は、特別養護老人ホームなど高齢者が入所する福祉施設で19人、障害者の入所施設では6人に上るということです。

千葉県内では、これまでに南房総市と市原市の停電した住宅に住んでいた2人が熱中症の疑いで死亡しています。

特養「何もしてあげることできず本当に悔しい」

女性が入居していた特別養護老人ホームでは、今月9日の未明から停電が続いてエアコンが使えず、窓を全開にしたりうちわであおいだりして暑さをしのぐしかなかったということです。

施設の天笠寛理事長は「亡くなった女性は高熱が出て、食事もできない状態になってしまった。県に電源車を要請してからきょう到着するまで、およそ2日ぐらいかかってもどかしい思いがあった。この規模の災害は経験したことがなかったので、知識もなく何もしてあげることができず本当に悔しいです」と話していました。