たまるゴミ 停電で焼却できず受け入れ中止 千葉 東金

たまるゴミ 停電で焼却できず受け入れ中止 千葉 東金
台風15号による停電が続く千葉県東金市のゴミ処理施設では、機械が動かせず、ゴミを処理できない状況が続いています。
東金市にある「東金市外三市町環境クリーンセンター」は東金市と大網白里市、山武市それに、九十九里町の合わせて3市1町の家庭などから出るゴミを焼却する施設です。

1日当たり平均140トン余りのゴミが集められますが、9日の未明から停電が続き、焼却する機械を動かせなくなっています。

施設の照明や、クレーンを動かすための電気は自家発電でまかなっていますが、焼却ができないため、許容量の630トンを超えるおよそ750トンのゴミが処理できないままたまっています。

処理を再開できる見通しも立っていないため、10日からゴミの受け入れを中止しています。

地域の住民には各家庭でゴミをためておくよう防災無線などで呼びかけているということです。

東金市外三市町清掃組合の二井孝治事務局長は「このような事態は想像もしておらず、迷惑をおかけして申し訳ない。近く復旧する見通しだと聞いているのでもう少し待ってほしい」と話していました。