断水続く地区 水求める多くの住民 千葉 南房総

断水続く地区 水求める多くの住民 千葉 南房総
千葉県南房総市の断水が続いている地区の避難所には、多くの住民たちが水を求めて集まっていました。
房総半島の南端に位置する南房総市の白浜地区では、停電の影響で浄水場が機能せず断水が続いています。

避難所に指定されている「白浜コミュニティセンター」には水を求めて地元の人が次々に訪れ、持参したタンクに給水車から水を入れたり、ペットボトルの水を受け取ったりしていました。
また、13日午後からは自衛隊が施設の駐車場で仮設の風呂の設置を進めていました。

断水の影響で風呂に入れていない人も多いということで、13日は午後8時から午後10時まで、14日は午前8時から午後8時まで入浴できるということです。

近くに住む高齢の男性は「自宅では水も出ないしオール電化でガスも電気も使えない。お風呂が設置されたら今夜はぜひ入りたい」と話していました。

小学3年の女の子は「自宅ではお風呂も入れないし電気も使えません。飼っているカブトムシが死んでいないか心配で、停電が早く復旧してほしい」と話していました。