「復旧見通し 東電がきょう中に公表検討」官房長官

「復旧見通し 東電がきょう中に公表検討」官房長官
菅官房長官は、午後の記者会見で、「停電の復旧見通しについては、現在、東京電力で本日中に公表すべく検討が行われている。長期化する復旧を少しでも前倒しできるように電力各社に対し、追加の人員派遣を要請しており、5000人追加して1万6000人体制とするべく進めているところだ」と述べました。
そのうえで、停電の原因となった鉄塔の倒壊に関連して、記者団が、強度の基準を見直す考えがあるか質問したのに対し、「今は何よりも、一刻も早い停電からの復旧が重要だ。そのうえで、今回の停電が生じた要因や復旧のプロセスについても厳格に検証を行い、正すべき点は正していく。送電設備の倒壊の原因究明というのは当然、その中に入っている」と述べました。