官房長官 停電復旧のプロセス検証し対応見直しも

官房長官 停電復旧のプロセス検証し対応見直しも
台風15号の影響で千葉県内の広い範囲で停電が続いていることについて、菅官房長官は、一刻も早い復旧に努めるとともに、停電の原因や情報発信の在り方などを厳格に検証し、対応を見直す必要があるという考えを示しました。
台風15号の影響で千葉県内の広い範囲で続いている停電で、東京電力が当初示していた復旧の見通しが大幅に遅れていることについて、千葉市の熊谷市長は、東京電力の見通しが甘かったとして批判しています。

これについて、菅官房長官は記者会見で「いま何よりも、一刻も早い停電からの復旧が重要だ。そのうえで、今回の停電が生じた要因や復旧見通しの提示など、災害時の情報発信の在り方も含め、復旧プロセスについて厳格に検証し正すべき点は正していきたい」と述べました。

一方、今回の政府の対応について「災害発生前から関係省庁災害警戒会議を開催するなど、政府一体となって警戒態勢を確保し、被害が報告され始めてからも対応を強化してきた。迅速かつ適切に対応した」と述べ、問題はないという認識を示しました。

さらに、菅官房長官は激甚災害の指定に向けて被害状況を調査しているとしたうえで、基準を満たせば速やかに指定する考えを示しました。