常磐道あおり運転 静岡でも事故か 車を押収し捜査 静岡県警

常磐道あおり運転 静岡でも事故か 車を押収し捜査 静岡県警
k10012080471_201909131411_201909131413.mp4
茨城県の高速道路であおり運転をしたなどとして逮捕された43歳の男が、ことし6月、静岡県浜松市の高速道路でも高級外車でトラックの前に割り込んで事故を起こしていた疑いが強まり静岡県警察本部は、13日、この車を東京都内で押収するとともに今後、ドライブレコーダーを解析するなどして裏付け捜査を進めることにしています。
会社役員の宮崎文夫容疑者(43)は先月、茨城県の常磐自動車道で男性の車にあおり運転をしたうえ、顔を殴ってけがをさせたとして逮捕され、今月8日には、男性の車を本線上に無理やり止めたとして強要の疑いで再逮捕されました。

静岡県警察本部によりますと、宮崎容疑者は、ことし6月、浜松市の新東名高速道路でも、黒い高級外車であおり運転をしてトラックの前に割り込んで事故を起こし、同乗していた交際相手にけがをさせた疑いが強まったということです。

警察がトラックのドライブレコーダーなどを調べたところ、宮崎容疑者の車は、トラックの前に割り込んだあと急ブレーキをかけて事故を起こしていたということです。

警察は、危険運転傷害と威力業務妨害の疑いで捜査するととも13日、東京都内で修理に出されていたこの車を押収しました。

また警察は今後、車に取り付けられていたドライブレコーダーを解析するなどして走行記録を調べ、裏付け捜査を進めることにしています。

押収した車 大きく破損

東京都内で押収された宮崎文夫容疑者(43)が運転していた高級外車は、レッカー車に載せられ、紺色のシートが掛けられた状態で、午後3時半ごろ、静岡県浜松市浜北区の警察の施設に到着しました。

車は、向かって右側の前方が大きく壊れ、側面はへこんでいて、運転席の窓ガラスは割れたままになっていました。