“被災者の疲労ピーク 一刻も早く対応を” 自民・岸田政調会長

“被災者の疲労ピーク 一刻も早く対応を” 自民・岸田政調会長
台風15号の影響で千葉県の広い範囲で停電や断水が続いていることを受け、自民党は13日午前、災害対策特別委員会を開きました。
この中で、岸田政務調査会長は「今なお大規模な停電が続き、給水や医療など市民生活に大きな影響が出ている。自衛隊や東京電力の努力は承知しているが、被災された方々の疲労はピークに達しており、一刻も早く対応してほしい」と述べました。

また、出席した議員からは「前もって電源車などを確保することはできなかったのか」といった指摘や、「国や千葉県の初動に問題がなかったか検証すべきだ」といった意見が出されました。