ホテルの女性遺体 布団の圧縮袋に入れシーツ縛り包んだか

ホテルの女性遺体 布団の圧縮袋に入れシーツ縛り包んだか
12日夜、東京 池袋のホテルで袋やシーツに包まれた女性の遺体が見つかった事件で、袋は布団の圧縮袋のような形状でシーツは全身を包み込むように端と端が縛られていたことが捜査関係者への取材でわかりました。袋は外部から持ち込まれたものとみられ、警視庁は1人で部屋を出た男の行方を捜査しています。
12日午後8時半ごろ、東京 豊島区池袋のホテルの部屋で、30代から40代とみられる女性の遺体が見つかり、首を絞められた時にできる痕跡があったことから、警視庁は殺人事件として捜査しています。13日も現場となったホテルには捜査員が入り、詳しい状況を調べています。

これまでの調べで、遺体はひざを抱えるような姿勢で袋に入れられたうえ、シーツに包まれていたことがわかっていますが、その後の調べで、袋は布団を入れる圧縮袋のような形状で、シーツは全身を包み込むように端と端が縛られていたことが捜査関係者への取材でわかりました。

警視庁によりますと、圧縮袋のような袋はホテルの部屋に備え付けられたものではなく外部から持ち込まれたものとみられるということです。

警視庁は、防犯カメラに写っていた遺体が見つかる1時間ほど前に1人で部屋を出た30代くらいの男の行方を捜査しています。