「ながら運転」厳罰化 12月から反則金約3倍に

「ながら運転」厳罰化 12月から反則金約3倍に
k10012080121_201909131218_201909131223.mp4
携帯電話などを使用しながら車を運転する「ながら運転」について、ことし12月から反則金や違反点数が現在のおよそ3倍に引き上げられることになりました。
運転中にスマートフォンでゲームをしたりメールを見たりして死亡事故を起こすケースが相次いだことから、ことし5月道路交通法が改正され、警察庁は具体的な内容について検討を進めてきました。

13日の閣議で決まった施行令では、運転中に携帯電話で通話したりスマートフォンの画面を見たりする行為の反則金がことし12月から引き上げられ、普通車の場合これまでの6000円から3倍の1万8000円になります。

また、交通違反の点数についても「ながら運転」の場合、これまでの1点から3点に、「ながら運転」によって事故を起こすなどした場合、これまでの2点から6点に引き上げられます。

さらに「ながら運転」で事故を起こすなどした場合は1年以下の懲役または30万円以下の罰金が科される可能性もあります。

警察庁によりますと、運転中に携帯電話などを使用していて事故を起こすケースは去年1年間に2790件と6年前の2013年と比べておよそ1.4倍に増えていて全国の警察で取締りを強化しています。