台風被害の千葉県 屋根の修理かたった不審電話相次ぐ

台風被害の千葉県 屋根の修理かたった不審電話相次ぐ
台風15号で多くの住宅に被害が出た千葉県では、屋根の無料点検や修理をかたった不審な電話が相次いでいて、詐欺などのおそれがあるとして、自治体が注意を呼びかけています。
このうち、袖ケ浦市では、被害を受けた住宅に修理業者を名乗る人物が来て、「市の要請で無料で屋根を修理している」などとうそを言って、修理をしようとする事例が相次いでいるということです。

袖ケ浦市では、個人の住宅の修理を市が特定の事業者に要請することはなく、後から高額の修理代を請求する悪質な事業者であるおそれがあるとして、注意を呼びかけています。

また、市原市では、市の職員を名乗って「屋根の点検に行く」という、不審な電話が相次いでいるということです。

市原市では、こうした電話連絡は行っておらず、詐欺などのおそれがあるとして、注意を呼びかけています。