100歳以上の高齢者 初の7万人超 女性が88%占める

100歳以上の高齢者 初の7万人超 女性が88%占める
k10012080061_201909131220_201909131222.mp4
全国の100歳以上の高齢者は、過去最多の7万1000人余りとなり、初めて7万人を超えたことが厚生労働省の調査で分かりました。

厚生労働省は敬老の日を前に、今月15日の時点で100歳以上となる高齢者を住民基本台帳をもとに調査しました。

それによりますと全国で7万1274人と去年より1489人増え、初めて7万人を超えました。

100歳以上の人数が過去最多を更新するのは49年連続です。

性別では男性が8464人、女性が6万2810人で、女性が88%を占めています。

人口10万人当たり最多は島根

人口10万人あたりの100歳以上の人数を都道府県別に見ると、最も多いのは島根が105.15人、次いで高知で101.42人、鹿児島が100.87人などとなっています。

一方、最も少ないのは埼玉で33.74人、次いで愛知が37.15人、千葉が39.68人などとなっています。

国内の最高齢は福岡市に住む女性の田中カ子さんで、明治36年1月生まれの116歳です。

男性の最高齢は新潟県上越市の渡邉智哲さんで、明治40年3月生まれの112歳です。

また、今年度ちょうど100歳になる人は3万7005人で、昨年度より4764人増えています。

100歳以上の高齢者は、調査を始めた昭和38年には全国で153人でしたが、その後、平成10年に1万人を、平成24年には5万人を超えました。

30年前の平成元年と比べると、人数はおよそ23倍に増えています。

厚生労働省は「医療技術の進歩や健康増進の取り組みなどによって寿命が延び、100歳以上の高齢者が大幅に増加している。高齢になっても元気に生活してもらえるよう支援していきたい」と話しています。