ローマ法王訪日正式発表へ 核廃絶訴え広島 長崎を訪問

ローマ法王訪日正式発表へ 核廃絶訴え広島 長崎を訪問
バチカンにあるローマ法王庁は、フランシスコ法王がことし11月23日から26日にかけて日本を訪問すると、日本時間の13日午後にも正式に発表する見通しです。ローマ法王の訪日は38年ぶりで、核兵器の廃絶を訴えるフランシスコ法王が、被爆地、広島と長崎でどのようなメッセージを打ち出すか注目されます。
ローマ・カトリック教会の総本山、バチカンにあるローマ法王庁はこれまで日本政府などと調整を続けてきた、フランシスコ法王の訪日を日本時間の13日午後にも正式に発表する見通しです。

日程は11月23日から26日の4日間で、23日にもう一つの訪問先、タイから東京に到着し、24日に被爆地の長崎と広島の両市の平和公園をそれぞれ訪れて、犠牲者を悼むほか、長崎ではミサも行う予定です。

また、25日には東京で天皇陛下との会見や安倍総理大臣との会談が予定されているほか、東京ドームで大規模なミサを開き、翌26日にバチカンへ帰国するということです。

ローマ法王が日本を訪れるのは1981年のヨハネ・パウロ2世以来、38年ぶりとなります。

6年前に就任したフランシスコ法王は核兵器の脅威を繰り返し訴え、バチカンもおととし、いち早く、核兵器禁止条約を批准するなど、核廃絶に向けて積極的な取り組みを続けています。

被爆地への訪問でどのようなメッセージを打ち出すか、注目されます。