トランプ大統領 北朝鮮 キム委員長との年内会談に意欲示す

トランプ大統領 北朝鮮 キム委員長との年内会談に意欲示す
k10012079981_201909131032_201909131034.mp4
アメリカのトランプ大統領は北朝鮮のキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長と年内に改めて会談を行いたい考えを示し、トランプ大統領が北朝鮮との直接対話に再び乗り出すのか注目されます。
トランプ大統領は12日、ホワイトハウスで記者団に、年内に北朝鮮のキム・ジョンウン朝鮮労働党委員長と会談を行う考えがあるかと問われ「どこかの時点で会う。彼らも私と会いたいだろう。会談を行うことになると思う」と述べ、キム委員長との年内の会談に意欲を示しました。

もし実施されればことし6月に韓国と北朝鮮を隔てる非武装地帯にあるパンムンジョムで行われた首脳会談に続き4回目の会談となります。

前回の首脳会談で、両国はことし7月にも非核化の協議を再開することで合意していましたが、その後、進展は見られません。

ただ、北朝鮮は9月下旬にも非核化をめぐる米朝の実務協議を再開することに意欲を示しています。

また、トランプ大統領は10日、北朝鮮との交渉で対話よりも圧力を重視してきたボルトン大統領補佐官を意見の違いを理由に解任していて、来年の大統領選挙に向けて外交的な成果を模索するトランプ大統領が北朝鮮との直接対話に再び乗り出すのか注目されます。