ロシア捜査当局 プーチン政権に批判的な野党勢力拠点一斉捜索

ロシア捜査当局 プーチン政権に批判的な野党勢力拠点一斉捜索
ロシアの捜査当局はプーチン政権に批判的な野党勢力の活動拠点などを一斉に捜索し、経済の低迷や年金制度改革などをめぐって高まる政権批判が、首都モスクワから地方都市に広がるのを抑え込むねらいがあるものとみられます。
ロシアの野党勢力によりますと12日、内務省や治安機関が国内の少なくとも41の都市で一斉に、野党勢力の指導者、ナワリヌイ氏の支持者の活動拠点や自宅を、資金洗浄の疑いで捜索し、パソコンや監視カメラのデータなどを押収したということです。

ロシアでは、今月8日に行われた統一地方選挙で、プーチン政権側が知事選挙などで勝利した一方、首都モスクワの市議会選挙では、経済の低迷や年金制度改革などをめぐる批判の高まりを受け、政権側が議席を減らしました。

ナワリヌイ氏は動画のメッセージを発表し、「プーチン大統領はモスクワで一部の与党候補が敗北したことに焦っている。われわれは屈することなく闘いを続ける」と述べ、抵抗を続ける考えを強調しました。

プーチン政権としては、首都モスクワで高まる政権への批判が、地方都市に広がるのを徹底的に抑え込むねらいがあるものとみられます。