東京 池袋のホテルに袋に入った女性の遺体 逃走の男の行方捜査

東京 池袋のホテルに袋に入った女性の遺体 逃走の男の行方捜査
k10012079651_201909130642_201909130643.mp4
12日夜、東京 池袋のホテルの部屋で、袋に入れられ、さらにシーツで包まれた女性の遺体が見つかりました。首を絞められた時にできる痕跡があり、警視庁は、殺人事件として捜査本部を設置し、遺体が見つかる1時間ほど前に1人で部屋を出た男の行方を捜査しています。
12日夜8時半ごろ、東京・豊島区池袋にあるホテルの2階の部屋で、清掃に入った従業員が遺体を見つけ、警視庁に通報しました。

警視庁によりますと、遺体は30代から40代の女性とみられ、ひざを抱えるような姿勢で袋に入れられたうえ、さらにシーツに包まれた状態で、ベッドの脇の床に倒れていました。

女性は黒のTシャツに黒のスエットをはいていて、警視庁が遺体を調べたところ、首を絞められた時にできる痕跡があったことがわかりました。

ホテルの防犯カメラには、12日の午後3時40分ごろに黒っぽい服装に白いマスクをした30代くらいの男が1人で部屋に入り、その後、午後5時50分ごろに被害者とみられる女性が部屋に入ったあと、遺体が見つかる1時間ほど前の午後7時40分ごろに1人でホテルを出る男の姿が写っていたということです。

警視庁は、女性の身元の確認を進めるとともに殺人事件として捜査本部を設置し、1人で部屋を出た男の行方を捜査しています。

現場は、池袋駅北口から400メートルほどの多くのホテルが建ち並ぶ場所で、捜査車両が次々に集まり、あたりは騒然となりました。

別のホテルの女性従業員

現場近くにある別のホテルの女性従業員は「午後9時前に叫び声がして、そのあとパトカーの音が聞こえました。外に出てみると、パトカーがどんどん集まってきていました。このあたりは暗いものの人通りはそこそこありますが、パトカーがこれだけ来るのは驚いています」と話していました。