「旭日旗は政治的問題でない」東京五輪・パラ組織委が見解

「旭日旗は政治的問題でない」東京五輪・パラ組織委が見解
「旭日旗」(きょくじつき)と呼ばれる旗をめぐり、韓国がIOC=国際オリンピック委員会とIPC=国際パラリンピック委員会に競技会場に持ち込むことを禁止するよう求めたことについて、東京オリンピック・パラリンピック組織委員会は「国内では応援やお祝いなどで幅広く使われているので、旗を使用することは政治的な問題ではない」と述べ、持ち込みを禁止することは想定していないとする見解を示しました。
韓国の文化体育観光省などは11日、IOCとIPCにそれぞれオリンピックやパラリンピックの競技会場に「旭日旗」を持ち込むことについて、「歴史的な傷や苦痛を想起させる政治的な象徴物である」などとして、禁止するよう求める書簡を送っていたことが明らかになりました。

東京大会の組織委員会の布村幸彦副事務総長は12日夕方、報道陣の取材に応じ、「旭日旗は、日本国内では応援やお祝いなどで幅広く使われているので、使用することは政治的な問題ではない」と述べ、持ち込みを禁止することは想定していないとする組織委員会の見解を示しました。

また、布村副事務総長は、東京パラリンピックのメダルのデザインをめぐり、韓国のパラリンピック委員会が「旭日旗」に似ているとしてデザインの見直しを求めたことにも言及し、「メダルは、扇をモチーフにデザインされていて、韓国側の指摘は全く当たっていない」と述べ、12日午後に行われた韓国パラリンピック委員会との会談でも同様の見解を主張したことを明らかにしました。