停電被害の41市町村に「災害救助法」適用決める 千葉県

停電被害の41市町村に「災害救助法」適用決める 千葉県
千葉県は、台風15号による停電で被害を受けた県内の41市町村に対し、救助活動などでかかった費用を国と県が負担する「災害救助法」を適用することを決めました。
災害救助法が適用されるのは、12日の午後3時前の時点で停電中だった県内の41の市町村です。

これらの市町村に対しては、台風による被害が発生した今月9日にさかのぼって、停電の発生に伴って行った避難所の設置や、食料や飲料水の確保などといった費用の全額について、国と県が負担することになるということです。

千葉県内で災害救助法が適用されるのは、平成25年に台風に伴う水害で茂原市に適用して以来、およそ6年ぶりだということです。