ラグビーW杯 日本代表らが官邸訪問 首相 日本の優勝に期待

ラグビーW杯 日本代表らが官邸訪問 首相 日本の優勝に期待
ラグビーワールドカップ日本大会の開幕を来週に控え、日本代表の選手らが総理大臣官邸を訪れました。安倍総理大臣は、大会で贈られる優勝トロフィーを前に、日本の優勝に期待を示しました。
ラグビーワールドカップ日本大会が、来週20日に開幕するのを前に、ワールドラグビーのビル・ボーモント会長や日本代表のキャプテン、リーチ・マイケル選手らが12日、総理大臣官邸で安倍総理大臣と面会しました。

リーチ選手が、日本代表の選手全員のサインが入ったジャージを手渡したあと、ビル会長が「国民やサポーターにとって、理想的な大会になると思う」と述べました。

これに対し安倍総理大臣は、日本代表が今月上旬に行われたテストマッチで南アフリカに敗れたことに触れ「ロンドン大会で日本が南アフリカを破ったことで、ラグビーが日本で注目されてきたが、テストマッチでは、日本も少し実力を隠したんだと思う」と笑いを誘っていました。

そして、大会で贈られる優勝トロフィーを前に「開幕戦が日本の勝利に終わり、トロフィーに日本の名前が入ることを期待したい」と述べるとともに、大会を通じて日本全体が盛り上がることに期待を示しました。

面会のあと、リーチ選手は「初戦がいちばん大変なので、チームをしっかり盛り上げ準備したい。贈ったジャージは開幕戦から着てもらいたい」と話していました。