全世代型社会保障制度実現へ 給付と負担の在り方も議論

全世代型社会保障制度実現へ 給付と負担の在り方も議論
全世代型社会保障制度を担当する西村経済再生担当大臣は記者会見で、近く設置する政府の検討会議は、安倍総理大臣をトップに麻生副総理兼財務大臣らも参加することを明らかにしたうえで、社会保障の給付と負担の在り方についても議論を進める考えを示しました。
政府は、全世代型社会保障制度の実現に向けた検討会議を設置し、来週初会合を開く方向で調整していて、政府の経済財政諮問会議や、厚生労働大臣の諮問機関である社会保障審議会など、関連する会議の代表者らを会議のメンバーとすることを検討しています。

これについて、会議を担当する西村経済再生担当大臣は記者会見で、安倍総理大臣を会議のトップとして、麻生副総理兼財務大臣、高市総務大臣、加藤厚生労働大臣、菅原経済産業大臣、菅官房長官をメンバーとする方向で調整していることを明らかにしました。

そして、西村大臣は「少子高齢化と同時に、ライフスタイルが多様化している中で、誰もが安心できる社会保障制度に変えていくのがいちばん大きな目的だ。わが国の将来像を見据えた議論をしていきたい」と述べました。

そのうえで「方向性は予断を持って言うべきではないが、給付と負担の在り方についても、しっかり議論していただければと思っている」と述べ、社会保障の給付と負担の在り方についても議論を進める考えを示しました。