中国外相「アメリカも北と対話に向けて努力を」

中国外相「アメリカも北と対話に向けて努力を」
中国の王毅外相は、北朝鮮がアメリカとの非核化の実務協議に今月下旬にも応じる意向を示したことを評価した上で、「アメリカも情勢の緩和や対話に向けて努力するよう望む」と述べ、北朝鮮に歩み寄るようアメリカに促しました。
中国の王毅外相は12日、マレーシアのサイフディン外相と北京で会談したあと、共同で記者会見を行いました。

この中で王外相は、北朝鮮がアメリカとの非核化の実務協議に今月下旬にも応じる意向を示したことについて質問されたのに対し、「朝鮮半島問題の政治解決に向けて歩み出した重要な一歩で歓迎する」と評価しました。

また、北朝鮮に最大限の圧力を加え、一方的な譲歩を迫る方法は通用しないと指摘した上で、「北朝鮮は去年以降、積極的な措置をとり、アメリカも歩み寄るよう求めてきた。これは合理的な要求だ」として北朝鮮の立場に理解を示しました。

その上で、「アメリカも実際に措置をとり、情勢の緩和や対話の推進に向けてしかるべき努力をするよう望む」と述べ、北朝鮮に歩み寄るようアメリカに促しました。

さらに王外相は、国連安全保障理事会の制裁決議は北朝鮮の対応に応じて制裁の内容などを見直すことになっていると指摘し、制裁の緩和も検討すべきだと主張しました。

王外相は先週、北朝鮮を訪問し、朝鮮半島情勢などについて意見交換していて、連携を深めていく姿勢を鮮明にしています。