特産品くさや用の魚冷凍施設に被害 新島村に都が支援

台風15号の影響で、建物などへの被害が相次いでいる東京の島しょ部にある新島村で、魚を保管する冷凍施設に大きな被害が出たことから、東京都は村を支援するため、冷凍機能の付いたコンテナを搬送することになりました。
新島村によりますと、台風15号の影響で、島の中にある、特産品のくさやにする魚を保管している冷凍施設の一部が壊れ、魚が冷却できなくなっているということです。

東京都は村の支援要請を受けて、冷凍機能の付いたコンテナ1台と、発電機1台を救援物資として搬送することを決めました。

コンテナなどは12日夜、新島村に向けて搬送され、13日朝に到着する予定です。

また新島村では、住宅などの建物被害が相次いでいるため、都は12日から職員2人を派遣して、被害の状況の把握などを進めています。