「台風よく通るが まれにみる被害」東京 神津島村

台風15号の影響で、伊豆諸島の1つ神津島村でも大きな被害が出ました。
役場によりますと、住民から報告があったものだけで、建物の屋根や壁などが壊れる被害が48件、自宅の敷地内の倒木が5件、自宅の敷地内に土砂が流れ込んできた被害が2件などとなっています。

雨よりも風による被害が大きかったということで、実際の被害の規模はもっと大きいとみられるということです。

一方、台風が通過した直後は停電や断水があったものの、今はほぼ復旧しているほか、倒木による道路の通行止めも現在はかなり解消されたということです。

神津島村役場では「台風が島を通ることはよくあるので、島の人たちは台風がいつ来ても備えられる生活をしているが、今回の被害はまれに見る規模だった」と話していました。