停電や断水 官房長官「熱中症対策の支援進める」

菅官房長官は午後の記者会見で、「停電や断水などが続き、国民生活に影響が出ている。政府としては被害状況の把握に努めるとともに、熱中症対策として必要な物資のプッシュ型支援の準備を進めるなど、関係省庁で連携して応急対応策に全力で取り組んでいる」と述べました。
また、記者団が、停電中に熱中症による疑いで亡くなったケースが災害関連死に該当するか質問したところ、「災害関連死に該当するかどうかは市町村で死亡の原因と災害に相当の因果関係があるかどうかにより判断をされるものだと認識している」と述べました。