「あおり運転」厳罰化含め対策検討へ 公明党作業チーム

「あおり運転」厳罰化含め対策検討へ 公明党作業チーム
悪質なあおり運転が相次いでいることを受け、公明党は作業チームの初会合を開き、厳罰化も含めて対策を検討していくことになりました。
初会合で座長を務める岡本三成衆議院議員は「あおり運転は社会問題化している。多くの国民が不安に感じている」と指摘しました。

そして警察庁などの担当者が現在の取締り状況などを説明しました。

出席した議員からは「抑止力のあるルールが必要だ」といった意見が出され、今後、あおり運転の厳罰化も含めて対策を検討していくことになりました。