「小泉環境相の育児休暇発言 積極姿勢はプラス効果」 厚労相

「小泉環境相の育児休暇発言 積極姿勢はプラス効果」 厚労相
加藤厚生労働大臣は、就任の記者会見で、小泉環境大臣の育児休暇に関する発言をめぐり、男性も子育てに積極的に関わる姿勢を示したことは、世論に対して、プラスの効果は大きいという考えを示しました。
小泉環境大臣は、妻の滝川クリステルさんが妊娠中で、大臣就任前から、育児休暇を取得するかどうか検討する考えを示しています。

これに関して、加藤厚生労働大臣は、就任の記者会見で、国会議員は雇用されている立場ではないので、「育児休業」という制度を、そのままあてはめるのは難しいと指摘しました。

そのうえで、「男性も子育てに積極的に対応したり、出産の支援をしたりするのは大事な姿勢だ。大臣なので国会対応などの問題はあるが、その中で子育てにしっかり取り組もうという姿勢を示したのは、世論喚起のうえでプラスの効果は大きい」と述べました。

一方、政府に新たに設置される「全世代型社会保障検討会議」について、加藤大臣は、「給付と負担のあり方が1つのポイントになる」としたうえで、医療、介護、年金だけでなく、高齢者の就労機会の確保や働き方改革など幅広い分野で、長期的な視点に立って議論していきたいという考えを示しました。