停電の住宅で男性が熱中症の疑いで死亡 妻の無念 千葉 市原

停電の住宅で男性が熱中症の疑いで死亡 妻の無念 千葉 市原
10日の夕方、台風の影響で停電していた千葉県市原市の住宅で、66歳の男性が熱中症の疑いで死亡しました。取材に応じた男性の妻は「台風の影響でクーラーがつかなかった。自分にもっとできたことがあったのではないかと思うと悔しいです」と涙ながらに話しました。
熱中症の疑いで死亡したのは、千葉県市原市に住む宿泊施設経営の大浜芳満さん(66)です。妻のうのさん(49)によりますと、芳満さんは心臓の病気やぜんそくの持病があり、体が弱かったということです。
今月9日の未明、停電によって部屋の中が真っ暗になりクーラーが使えなくなると、芳満さんは寝室のベッドの上で、顔を真っ赤にして滝のような汗をかいていたといいます。

起床後、経営する隣の宿泊施設の事務所で過ごしていましたがクーラーも効かず暑かったため、自宅に戻りこの日は主にベッドに横になって過ごしていました。
停電は翌日も続きました。

うのさんによりますと、9日の夜から10日朝にかけて室内は30度以上になっていたといい、目を覚ました芳満さんは大粒の汗をかきながら「氷水が飲みたい」と訴えたということです。

うのさんは氷と飲み物を買うためスーパーやコンビニを回りましたが、すべて売り切れていて手に入れることができませんでした。

このため近所の知人にお願いして氷水を分けてもらい、暑さを訴える芳満さんの体を冷やしたといいます。

このころ芳満さんは食欲もなく、ふだんよりも元気がなかったということです。

うのさんは10日の昼すぎから隣の宿泊施設で宿泊客への対応をしたあと、夕方、自宅に戻りましたが、芳満さんの姿が見当たりませんでした。

懐中電灯を使って探したところ、トイレで倒れて意識を失っているのを見つけました。

うのさんは「起きて」と何度も声をかけましたが反応がなく、あわてて救急車を呼ぶとともに宿泊施設の従業員や宿泊客に助けを求めました。

救急隊が到着するまでのあいだ、宿泊客の1人が芳満さんの心臓マッサージを行い、その後、救急車で病院に搬送されましたが、芳満さんは病院で死亡が確認されたということです。

停電は12日朝、ようやく解消しました。

うのさんは「夫は心臓の薬とぜんそくの薬を飲んでいて、そんなに体が強いほうではなかったが、停電するまでは元気に過ごしていました。いくらなんでも死ぬには若すぎます。停電したこともこれまでに一度もなかったから、こんなふうになるとは思いませんでした。台風の影響でクーラーがつかなかった。氷や飲み物を近所のコンビニエンスストアやスーパーに探しに行ったが、見つからなくて本当に悔しかったです。自分にもっとできたことがあったのではないかと思うとつらいです」と涙ながらに話しました。

千葉県内では南房総市で停電した住宅に住む93歳の女性も熱中症の疑いで死亡しています。