千葉県の停電 依然16万戸余り 復旧 見通しより大幅に遅れる

千葉県の停電 依然16万戸余り 復旧 見通しより大幅に遅れる
台風15号の影響で千葉県では依然として16万戸余りで大規模な停電が続いています。13日は6万7000戸余りの停電が復旧しましたが、作業は大きく遅れていて、1日も早い速やかな復旧が求められます。
東京電力によりますと、千葉県内では13日午後10時半の時点で依然としておよそ16万8100戸で停電が続いています。

停電が続いているのは
▽南房総市が1万7600戸
▽千葉市で1万4800戸
▽市原市では1万3900戸
▽館山市が1万3600戸
▽鴨川市が1万1100戸
▽君津市が1万1100戸
▽富津市が1万400戸など、36の市と町です。

東京電力は、ほかの電力会社などからの応援を得て復旧作業を進め、13日は四街道市が全域で復旧するなど、合わせて6万7000戸余りが復旧しました。

しかし、倒木などで道路が寸断され作業用の車両が入れなかったり、作業を進めるなかで電柱や電線に新たな損傷が見つかったりして、想定以上に時間がかかり作業は大きく遅れています。

東京電力では南房総市や館山市などは2週間後の今月27日までにおおむね復旧すると見込んでいますが、1日も早い速やかな作業が求められます。

停電に関する情報は、東京電力のホームページで確認することができます。ホームページのURLは、次のとおりです。

http://teideninfo.tepco.co.jp