パラリンピックのメダルデザイン IPC会長「全く問題ない」

パラリンピックのメダルデザイン IPC会長「全く問題ない」
IPC=国際パラリンピック委員会のパーソンズ会長は、韓国のパラリンピック委員会が、東京パラリンピックのメダルのデザインが「旭日旗」(きょくじつき)と呼ばれる旗に似ているため、デザインを見直してほしい、と求めたことを明らかにし、パーソンズ会長は「デザインは全く問題ない。見直しは必要ない」との見解を示しました。
これはIPCのパーソンズ会長が12日まで都内で開かれた、東京パラリンピックに参加を予定している各国と地域の選手団との会議に出席したあと、報道陣に対して明らかにしました。

パーソンズ会長によりますと、韓国のパラリンピック委員会は12日の会議で、東京パラリンピックのメダルのデザインが「旭日旗」と呼ばれる旗に似ているため、デザインを見直してほしい、と組織委員会に求めたということです。

これについて、パーソンズ会長は「東京大会のメダルは、日本の扇をモチーフにした美しいデザインだ。全く問題ない。IPCはデザインの見直しは必要ないと考える」との見解を示しました。

またパーソンズ会長は「旭日旗」と呼ばれる旗をパラリンピックの競技会場に持ち込むことを禁止するよう韓国側が求める書簡を、11日に受け取ったことも明らかにしました。

パーソンズ会長は「これは政治の問題だ。政治とスポーツを混同するつもりはない。IPCは旗の持ち込みを禁止するルールを特に設けていない」と述べました。

「旭日旗」をめぐっては、東京オリンピックの競技会場に持ち込むことについて、韓国の文化体育観光省が「歴史的な傷や苦痛を想起させる政治的な象徴物である」などとして、禁止するようIOC=国際オリンピック委員会に求め、IOCは「競技会場はいかなる政治的な主張の場にもなるべきではない」としています。