内閣改造 岸田派は評価 石破派は「さしてコメントはない」

11日の内閣改造をめぐって、所属議員が入閣した自民党の岸田派では、評価する意見が出されました。一方、石破派の事務総長は、所属議員の入閣がなかったことについて、「さしてコメントはない」と述べました。
所属する議員2人が入閣した岸田派の会合では、岸田政務調査会長が「派閥の結束を考えた場合、いい人事だった。大事なのは2人にしっかり頑張ってもらうことで、安倍政権の安定につなげ、日本の政治をしっかり支えたい」と述べました。

また平井 前IT担当大臣は、岸田氏が「ポスト安倍」に意欲を示していることを念頭に、「いよいよ次の自民党総裁選挙が視野に入ってくるので、打ち合わせをしながら頑張ろう」と呼びかけました。

竹下派の会合では、会長代行を務める茂木外務大臣がみずからと加藤厚生労働大臣が入閣したことに触れ、「2人でしっかり連携して頑張っていきたい」と述べました。

一方で、石破派の事務総長を務める田村 元厚生労働大臣は、所属議員の入閣がなかったことについて記者団に、「さして、われわれとしてコメントはない。もともと人数の多い派閥でもないので、副大臣や政務官などに、派閥の有能な人たちが入ってもらえればと思っている」と述べました。