橋本五輪相 テロや感染症に対応できる態勢構築し大会成功を

橋本五輪相 テロや感染症に対応できる態勢構築し大会成功を
内閣改造で新たに就任した橋本オリンピック・パラリンピック担当大臣は、内閣官房に設置されている事務局の職員らを前にあいさつし、テロや感染症などの事態にも対応できる態勢を構築し、東京大会を成功に導きたいという決意を示しました。
橋本大臣は「東京大会まであと1年となり、すばらしい日本の姿をしっかりと世界に発信するため、私自身の役割は非常に重い意味があると感じている」と述べました。

また、みずからが出場した大会などでは、爆弾テロ事件の発生や感染症の拡大に見舞われたことがあったと振り返り、「さまざまな状況への対応能力がなければ、大会をやり遂げることができないと実感した」と指摘しました。

そして「柔軟な対応能力を持ってすばらしいオリンピック・パラリンピックを成し遂げるため、皆様と一丸となって全力を尽くして頑張りたい」と述べ、テロや感染症などの事態にも対応できる態勢を構築し、大会を成功に導きたいという決意を示しました。