兵庫 三田市も “就職氷河期世代”を正規職員に採用へ

兵庫 三田市も “就職氷河期世代”を正規職員に採用へ
兵庫県三田市はいわゆる「就職氷河期」世代を対象に正規の職員を採用することにしました。隣の宝塚市でこの世代を対象にした採用の取り組みが進められていて支援が広がり始めています。
三田市は、新卒の就職状況が特に厳しかった「就職氷河期」世代の就労を支援しようと、この世代に限定した正規の職員を募集することにしました。

対象は昭和49年4月2日から昭和59年4月1日までの間に生まれた高卒以上の人で、正規の事務職員として若干名を採用する予定で、10月下旬にホームページなどで詳しい募集要項を公表し、11月中旬に応募の受け付けを開始します。

そして12月以降に筆記や面接の試験を行い、来年1月に採用者を決定し、4月から職員として働いてもらう予定にしています。

「就職氷河期」世代を対象にした職員の採用は、三田市の隣の宝塚市が「3人程度」とした募集に1800人を超える応募があり、宝塚市長が近隣の自治体や地元企業にも採用を要請していました。
三田市の森哲男市長は「氷河期で就職ができなかったけれども意欲のある人は多くいる。ぜひ再チャレンジをしていただきたいので、三田市も貢献したい」と話しています。