台風影響 沖合で養殖の魚 約10万匹死ぬ 千葉 鋸南町

台風影響 沖合で養殖の魚 約10万匹死ぬ 千葉 鋸南町
千葉県鋸南町では台風の影響で、沖合で養殖していた魚が大量に死んで、被害はおよそ10万匹にのぼるとみられています。
千葉県鋸南町の勝山漁協によりますと、沖合の網ではタイとシマアジ合わせて、およそ25万匹を養殖していましたが、今回の台風で海が荒れて網にぶつかるなどして大量の魚が死んだということで、被害はおよそ10万匹にのぼるとみられています。

また養殖した魚を入れていた生けすの一部のポンプが台風で壊れたうえ、ほかのポンプも停電のため空気を送ることができなくなり、およそ300匹が死んだということです。

さらに停電の影響で氷がつくれないため、魚を出荷できなくなっていて、漁協では魚と施設の被害は合わせて1億円を超えるとみています。

鋸南町勝山漁業協同組合の平島孝一郎組合長は「氷がないので傷のついた魚を急いで出荷することもできず、我慢せざるをえないと思っています。天災はしかたがないので前向きに頑張っていきたいです」と話していました。