台風 千葉県内416校が休校などの対応

台風 千葉県内416校が休校などの対応
台風15号の影響で、千葉県内の公立の学校では12日も合わせて416校が休校したり、始業時間を遅らせるなどの対応をとりました。
千葉県や千葉市の教育委員会によりますと、県内の公立の学校で休校となったのは、小学校が109校、中学校が54校、高校が16校、幼稚園が33校、特別支援学校が9校の合わせて221校に上りました。

また始業時間を遅らせたり、終業時間を早めて対応したのは、小学校で109校、中学校で67校、高校で14校、特別支援学校で2校、幼稚園で3校の195校に上りました。

12日も休校した学校の多くは、停電や断水している地域にあり、13日も含めて今週すべて休校となる学校も出る見込みです。

各学校や教育委員会では、今後、1日の授業数を増やすなどして振り替え授業の対応などを検討していくということです。