川で溺れ重体の女子死亡 死者3人に 大阪 高槻

川で溺れ重体の女子死亡 死者3人に 大阪 高槻
今月7日、大阪 高槻市の川で、小学生のきょうだい3人と73歳の祖父が溺れ、7歳の男の子と祖父が死亡した事故で、意識不明になっていた11歳の女の子が死亡しました。
今月7日、高槻市川西町3丁目の芥川で遊びに来ていた、いずれも小学生のきょうだい3人と、祖父の合わせて4人が溺れ、茨木市の小学2年生 岸下太紀さん(7)と、現場近くに住む祖父の城津國清さん(73)の2人が死亡しました。

また、きょうだいの姉2人も意識不明の重体になっていましたが、このうち小学6年生の岸下海さん(11)が12日未明、入院していた病院で死亡しました。

警察によりますと、4人のうち3人は川の真ん中近くの深さ2メートルほどの場所で見つかったということで、川を管理する大阪府の土木事務所は、流れによって川底が削られて深くなっていたことから、今後土砂を入れる工事を進めることにしています。

また大阪府では府内の川遊びや釣りに利用されている川で、護岸が壊れていないかや、注意喚起の看板が見づらくなっていないかなどの一斉点検を行っています。