高市総務相 “NHKは受信料や公共放送の意義 発信を”

高市総務相 “NHKは受信料や公共放送の意義 発信を”
高市総務大臣は記者会見で、NHKについて「放送法にもとづいて、災害報道やよい番組などを、日本全国にあまねく放送していく使命を持っている」と述べたうえで、NHKは受信料の意義などを正しく伝えていく必要があるという認識を示しました。
高市総務大臣は、12日午前、総務省で就任にあたって記者会見し「日本の放送行政は公共放送であるNHKと民放の二元体制でやってきており、NHKは放送法にもとづいて、災害報道やよい番組などを、しっかりと日本全国にあまねく放送していく使命を持っている」と述べました。

そのうえで、高市大臣は、受信料について「受益の対価ではなく、NHKの業務をしっかりと維持していくため、受信設備を設置した方々に広く負担していただいている特別な負担金であり、NHKには、受信料や公共放送の意義について、正しく、多くの方々に発信していただきたい」と述べました。