千葉県 森田知事「大きな反省材料に」被害把握など対応遅れに

千葉県 森田知事「大きな反省材料に」被害把握など対応遅れに
千葉県の森田知事は定例の記者会見で、台風15号による各市町村の被害の把握など県としての対応が遅れているのではないか、という指摘に対し「足りなかった部分もあるかもしれず大きな反省材料としていかなければならない」と述べました。
千葉県の森田知事は会見でまず「台風による県民の苦境を受け止め、一刻も早く元の生活を取り戻せるよう力を尽くさなければならない」と決意を述べました。

そして千葉県として電話で要請のあった自治体に対して備蓄していたブルーシートや飲料水、食糧などを送ったことを明らかにしました。

一方、この後に行われた質疑応答で、県内の市町村の被害状況や必要としている支援の把握など県の対応が遅れているのではないかという指摘が出たのに対し、森田知事は「想定以上の台風でこうすればよかったのではと言われると、確かに足りなかった部分もあったかもしれず、大きな反省材料としていかなければならない」と述べました。

中でも県南部の鋸南町など大きな被害を受けながら、停電などの影響で被災情報などの把握が遅れた自治体があったことについては「今回、情報をつかめなかったことをしっかり精査したい」と述べました。

このほか、台風の影響で鉄道などの運行が止まり、成田空港で利用客があふれたことについて、東京オリンピック・パラリンピックも控え、再発防止について空港会社と協議する方針を示しました。