米最高裁が難民申請の制限を認める判断

米最高裁が難民申請の制限を認める判断
アメリカのトランプ政権が打ち出した中米からの難民の受け入れを制限する措置について、連邦最高裁判所は当面、認める判断を示し、難民申請を求める人たちは一層厳しい立場に追い込まれることになりそうです。
トランプ政権は中米諸国などからメキシコ国境を通ってアメリカに入国する人の数を大幅に減らすため、ことし7月、メキシコなど第三国で難民申請を認められなかった人にかぎり、申請を受け付けるという、条件を厳しくする措置を発表しました。

アメリカのメディアによりますと、この措置について、移民や難民を多く受け入れているカリフォルニア州の裁判所は差し止めの命令を出していましたが、連邦最高裁判所は11日、差し止めを認めない判断を示しました。

これを受けて、トランプ大統領は11日、ツイッターに「大きな勝利だ」と投稿したほか、メキシコのロペスオブラドール大統領と電話で会談し、アメリカへの移民の抑制についてメキシコにさらなる取り組みを求めたものとみられます。

しかし、難民の受け入れを制限する措置によって、中米各国から治安の悪化や貧困を逃れてアメリカを目指す人たちは一層厳しい立場に追い込まれることになるとみられ、メディアは「難民を受け入れてきたアメリカの長年の政策をひっくり返すものだ」と批判的に伝えています。