日銀総裁 首相と会談 世界経済の動向で意見交換

日銀総裁 首相と会談 世界経済の動向で意見交換
日銀の黒田総裁は12日、総理大臣官邸で安倍総理大臣と会談し、世界経済の動向について意見を交わしました。
日銀の黒田総裁は12日正午ごろ、総理大臣官邸を訪ねて安倍総理大臣とおよそ40分会談しました。

総理大臣官邸での会談はことし2月以来で、日本経済の現状に加え、米中の貿易摩擦やイギリスのEU=ヨーロッパ連合からの離脱などで不透明感が増す世界経済について意見を交わしたということです。

日銀は来週、金融政策決定会合を開きます。

会談を終え、黒田総裁は金融政策について話したのかという記者団の問いかけに「私からは従来申し上げていることを繰り返しただけで、特別に総理からはお話はなかった」と述べました。