ラグビーW杯開幕戦のホイッスル到着 英から自転車で7か月余

ラグビーW杯開幕戦のホイッスル到着 英から自転車で7か月余
k10012078351_201909121441_201909121444.mp4
今月20日に開幕する、ラグビーワールドカップ日本大会の開幕戦で使われるホイッスルが、7か月余りをかけてイギリスから自転車で運ばれ、12日、日本に到着しました。
ラグビーワールドカップ日本大会の開幕戦は、今月20日、東京 調布市の東京スタジアムで行われ、日本とロシアが対戦します。

主催する「ワールドラグビー」は、アジアでは初めて開かれる大会を盛り上げようと、開幕戦でレフェリーが使うホイッスルを前回大会の開催地 イギリスから日本まで、自転車で運ぶことにしました。

大役を任されたのは、自転車で冒険やチャリティー活動をしている香港出身のジェームス・オーウェンさんと南アフリカ出身のロン・ルトランドさんで、ことし2月にイギリスを出発し、ラグビーの普及や、貧困などに苦しむ子どもたちへの寄付を募りながら、7か月余りかけて、ユーラシア大陸のおよそ2万キロを横断しました。

12日午前9時半ごろ、フェリーで上海から大阪南港に到着した2人は、自転車を押しながらフェリーターミナルに姿を現し、運んできたホイッスルを披露しました。

オーウェンさんは「日本に無事にホイッスルを運ぶことができてほっとしています。この大会をきっかけに、たくさんの人が一つになることを期待しています」と話していました。

2人はこのあと自転車で東京に移動し、開幕前日の19日に、東京スタジアムで直接レフェリーにホイッスルを手渡すということです。