ホテルオークラ東京 装い新たにオープン

ホテルオークラ東京 装い新たにオープン
k10012078291_201909121351_201909121352.mp4
本館の建て替えを進めてきた東京の老舗ホテル「ホテルオークラ東京」は、名称を変えて2つのタワーに生まれ変わり、12日オープンしました。
東京・港区の老舗ホテル「ホテルオークラ東京」は、本館の建て替え工事が終わり、地上41階建てと17階建ての2つのタワーに生まれ変わりました。

これに合わせてホテルの名称を「The OkuraTokyo」に改め、12日オープンしました。

記念のセレモニーでは、東京都の小池知事らがテープカットをしてオープンを祝ったあと、最初の客として高円宮妃の久子さまが迎えられました。

旧本館の象徴で、日本の伝統美だとして海外からも評価の高かったロビーは、古墳時代の飾り玉をモチーフにしたつり下げ式の照明などがほぼそのまま復元されています。

客室は508部屋あり、2人部屋の宿泊料は1泊7万円からとなっています。

一方、1泊70万円のスイートルームはおよそ200平方メートルの広さがあり、広々としたガラス窓から都内を一望することができます。

このほか海外の要人などに対応するため、1泊300万円の最高級のスイートルームも用意されています。

57年前、前回の東京オリンピックの前に開業した「ホテルオークラ東京」は、装いと名称を新たにし、来年のオリンピック・パラリンピックで海外からも多くの客を迎えることになります。