停電復旧した介護施設では 千葉 市原

千葉県市原市では12日、一部の地域で停電が復旧しました。このうち東国分寺台にある介護施設では12日午前5時ごろに停電が解消されました。
停電している間は運営会社から届けられた自家発電機で大型の扇風機を回し暑さをしのいでいましたが、体調を崩した入所者もいるということです。

午前5時ごろ夜勤のスタッフが停電が解消していることに気付き、エアコンをつけるため入所者の部屋を回ったということです。

運営会社の浜田博彰さんは「扇風機などでできるかぎり対応しましたが、暑かったので電気が通って冷房が使えるようになり、安心しています」と話していました。

この施設に入所している93歳の男性は、停電してから高熱が下がらず点滴を打っているということです。

男性の家族は「あと一日でも停電が続いていたら命が本当に危なかったと思うので、安心しています。高齢者施設などは優先的に復旧させてほしいと思いました」と話していました。