株価 値上がり 米中対立緩和への期待

12日の東京株式市場、株価は値上がりしています。
日経平均株価、午前の終値は11日の終値より180円28銭高い2万1778円4銭。
東証株価指数=トピックスは10.51上がって1594.17。
午前の出来高は7億2232万株でした。

市場関係者は「アメリカのトランプ大統領が、来月1日に予定していた中国からの2500億ドル分の輸入品にかける関税の引き上げを延期する方針を明らかにし、投資家の間では米中の対立が緩和に向かうのではないかという期待が出ている。また一時、1ドル=108円台まで円安が進み、輸出関連の銘柄に買い注文が出ている」と話しています。