円相場 約1か月半ぶりに1ドル=108円台の円安水準

円相場 約1か月半ぶりに1ドル=108円台の円安水準
12日の東京外国為替市場、米中の貿易摩擦がわずかながら好転するのではないかという見方からドルが買われ、円相場はおよそ1か月半ぶりに一時1ドル=108円台の円安水準となっています。
市場関係者は「アメリカのトランプ大統領が来月1日に予定していた中国からの輸入品に対する関税の上乗せを延期すると表明したことで、米中の貿易摩擦への懸念がいくぶん和らいだ。このため円を売ってドルを買う動きが出ている」と話しています。