電力復旧に伴う「通電火災」に注意呼びかけ 千葉県

電力復旧に伴う「通電火災」に注意呼びかけ 千葉県
台風15号の影響で、千葉県内では現在も広範囲で停電が続いていますが、県では今後、電力の復旧に伴って破損した配線や壊れた電気器具などから火が出る「通電火災」が発生するおそれもあるとして、注意を呼びかけています。
千葉県消防課によりますと、「通電火災」は地震などによって電気コードが傷ついたり電気器具が倒れたりした際に起きるケースが多いということです。

今回の台風では、建物の屋根や壁が壊れたりする被害が出ていることから、県や消防は自宅や事務所を留守にする時は電気器具のコンセントを抜いたり、電気のブレーカーを切ったりして、「通電火災」を予防するよう呼びかけています。