エンジェルス 大谷 4試合ぶりホームラン 今季18号

エンジェルス 大谷 4試合ぶりホームラン 今季18号
大リーグ、エンジェルスの大谷翔平選手が11日のインディアンズ戦に指名打者で出場し、今シーズン18号となるソロホームランを打ちました。
エンジェルスの本拠地、アナハイムで11日に行われたインディアンズ戦では、試合前に2001年に起きた同時多発テロ事件から18年になることから追悼の式典が行われ、犠牲者に祈りがささげられました。

大谷選手は3番指名打者で出場し、相手の先発の右ピッチャーと対戦した1回の第1打席は高めの速球で空振りの三振を奪われ、2回の第2打席は2アウト一塁二塁の場面でライトフライに倒れました。

3点を追う5回の第3打席は、インコースに甘めに入ってきたスライダーをとらえて、ライトに今シーズン18号となるソロホームランを打ちました。大谷選手のホームランは4試合ぶりで、今シーズンの打点は「62」となり、1年目の去年を上回りました。

7回の第4打席は空振りの三振で、1点を追う9回の第5打席は1アウト一塁で左ピッチャーと対戦してファーストゴロでした。

大谷選手はこの試合、5打数1安打、1打点で、打率は2割8分6厘になりました。

試合はエンジェルスが3対4でインディアンズに敗れて4連敗となりました。
大谷選手は今シーズン18号となるホームランについて「反応してしっかり打てたのでよかった。アウトコースのあと、インコースにボールが来るという配球だった。いいところに打てた」と振り返りました。

そして、バッティングの復調に向けては「スイング自体は、今シーズンの中でもいい状態だが、ヒットにつながるかどうかが大事なので、そこはもう少し考えないといけない」と話しました。