日中経済協会の中国訪問団 李克強首相と会談

日中経済協会の中国訪問団 李克強首相と会談
k10012077671_201909120645_201909120646.mp4
中国を訪れている日中経済協会の訪問団は11日、中国の李克強首相と会談しました。米中の貿易摩擦をめぐって訪問団の代表が、両国が交渉による問題解決を図るよう期待すると述べたのに対し、李首相は、「誠意を持ってアメリカと交渉し、問題の解決策を探りたい」と応じました。
経済界の代表らが参加する日中経済協会の訪問団は11日、李克強首相との会談に臨みました。

この中で日中経済協会の宗岡正二会長は、米中貿易摩擦の影響が世界に広がっていることを踏まえ「米中両国が交渉による問題解決を図るよう期待する」と述べました。

これに対して李首相は、「誠意を持ってアメリカと交渉し、問題の解決策を探りたい」と応じ、交渉による問題解決に意欲を示しました。

さらに李首相は、「日中両国が貿易や技術面で協力することが世界経済の安定に資する」と述べ、日本と中国が経済面での一層の関係強化を図ることを確認しました。

訪問団と李首相との会談が実現したのは今回で3年連続で、宗岡会長は記者会見で、「中国側の話は年々、具体的で前向きになっている。来年はもう一段、階段を登った関係になると期待している」と述べました。