イラン「制裁続くかぎり対話余地ない」米ボルトン補佐官解任も

イラン「制裁続くかぎり対話余地ない」米ボルトン補佐官解任も
k10012077621_201909120613_201909120613.mp4
イランへの強硬姿勢で知られたアメリカのボルトン大統領補佐官が解任されアメリカが対話路線を強めるとの見方も出る中、イラン政府の高官は、「制裁が続くかぎり対話の余地はない」と述べ、現時点では、アメリカ側と対話する環境は整っていないという認識を示しました。
アメリカのトランプ大統領が、イランへの圧力を重視していた強硬派のボルトン大統領補佐官を解任したことで、今後、トランプ政権はイランとの首脳会談を含め対話路線を強化するのではとの見方も出ています。

こうした中、イランのラバンチ国連大使は、11日、国営通信の取材に対し、「アメリカがイラン国民に対する抑圧的な制裁や経済テロを続けるかぎり、対話や交渉の余地はない」と述べ、現時点では、アメリカ側と対話する環境は整っていないという認識を示しました。

また、ロウハニ大統領も閣議の中で、「敵が最大限の圧力を続けるなら抵抗するだけだ。アメリカは最大限の圧力をやめなければならない」と述べアメリカに対し、イランへの制裁をすみやかに解除するよう求めました。

イランとしては、アメリカとの対話に簡単には応じない姿勢を強調し、ボルトン氏が去ったあとのトランプ政権から制裁の解除などの具体的な対応を引き出したいねらいがあるとみられます。

ロウハニ大統領「制裁続く中での交渉は無意味」

イラン大統領府によりますと、11日、ロウハニ大統領は、フランスのマクロン大統領と電話で会談しました。この中で、ロウハニ大統領は、「イランの政府、議会、それに国民にとって、アメリカの制裁が続く中で、交渉するのは無意味だ」と述べ、アメリカの制裁が続くかぎり対話に応じない姿勢を改めて強調しています。