プロ野球 西武 辻監督の来季続投要請へ

プロ野球 西武 辻監督の来季続投要請へ
プロ野球・西武は去年のリーグ優勝に続いてことしも優勝争いをする辻発彦監督について来シーズンの続投を要請する方針を明らかにしました。
球団は昨シーズン、チームを10年ぶりのリーグ優勝に導いた辻監督の手腕を評価し、オフに新たに2年契約を結びました。

ことしは投打の主力がチームを離れて苦戦が予想された中、11日ソフトバンクとの首位攻防戦に勝ち、シーズン130試合目で初めてリーグ首位に立ちました。

こうした状況を踏まえ、球団幹部はNHKの取材に対し、辻監督について「文句のつけようがない」とその手腕を高く評価したうえで、シーズン終了後に続投を要請する考えを明らかにしました。

辻監督が来年も指揮をとることが正式に決まれば、通算で4シーズン目となります。